今回は復讐においてとても大切なことを書きます。少しでも読者さんの希望と光になれば嬉しいです!

復讐は中途半端が一番よくない

復讐において一番よくないのは中途半端に追わせる、中途半端にやってしまうことです。戦略的に『ここまでやって様子見を見てみよう』『今の段階はここまで』等のように考えた上でであればOKです。

しかしいざ復讐を実践してみて、怖がってしまい中断してしまう等はご法度です。面と向かっての復讐であればターゲットに逆に攻められるなどして状況が悪化してしまうこともあります。

恐怖に慣れてしまう

僕もそうでしたが現状から脱する勇気がないといつまでもそのままで、イジメ続けられます。これはいろんな人の話を聞いてもまず間違いありませんし、掲示板での書き込みを見ていてもうなづけます。

恐怖って慣れてしまうんです。いじめを受け続けると『くそ!ふざけんななんで俺だけ』と言いながらも慣れた自分に心地よさすら感じてしまうようになります。これも経験がある人は結構いるんじゃないでしょうか。

人は基本的に【変化】を恐れ現状維持を求める生き物です。これは防衛本能なんだと思います。

賢者になりて復讐の鬼と化せ

別に犯罪を犯せというわけじゃないんですが、復讐するために必要なものは2つ。1つめは勇気。2つめは知恵 そしてこの2つは両輪です。僕の師匠はそう教えてくれました。僕も今考えればその通りだと思います。

勇気がなければ行動して自分を変えられない。通うとする努力ができない。

知恵だけあっても行動できなければだめ。

僕の先生は今も大勢の弱者を支えて活動されています。僕も先生のような人を目指したことや、弟子入りを考えたのですが到底無理でした。僕には絶対にまねできません。

でも、それでも僕にできることはあるはず。復讐方法の記述や勇気づけられるような言葉も何か発信できるのではないか。

そう思い、今日もこの記事を書いた次第です。